日本ルフト株式会社

科学機器部

  • photo

流動電位方式 ゼータ電位計

logoZeta Compact

伝統的な電気泳動法によるゼータ電位測定装置です。画像解析ソフトにより、自動的にゼータ電位分布ヒストグラムが得られます。

特徴

photo単一の垂直面で粒子の観察が可能です。静止層に存在する粒子のみを観察できます。また、測定面を変えることで電気浸透流も測定できます。

photo新しいアルゴリズムにより、最大5,000個の粒子追尾が可能です。

photo自動追尾した画像データから、自動的にヒストグラムが作成されます。

photo専用ソフトウエアで静止層の位置を簡単に決定できます。

アプリケーション

> エマルションのゼータ電位測定

サンプル:牛乳(市販品)、乳酸菌飲料(市販品)

1.牛乳
photo

2.乳酸菌飲料
photo

牛乳と乳酸菌飲料ではゼータ電位に有意差が見られ、それぞれ狭い分布を持っていることがわかりました。

● 応用分野

粉体、金属酸化物、金属超微粒子、顔料、エマルション、高分子ラテックス、写真感光乳化剤、粘度、陶土、カーボンブラック、カーボンナノチューブ、パルプスラリー、セルロースナノファイバー、界面活性剤、凝集剤、生体粒子、血液細胞、微生物、コロイド粒子など

仕様

測定原理 顕微鏡電気泳動法
移動速度計測法 画像解析法
電気泳動移動度 ±15 μms-1/Vcm-1
測定粒度 0 ~ 30 μm(粒子屈折率、密度に依存)
対象試料濃度 1~10,000 ppm(粒子物性に依存)
導電率 0.01~100 mS/cm
pH 2~12
供給電圧 0 ~ 250 V
泳動槽 石英ガラス
試料量 約6 mL
電源 100 V、50/60 Hz、50 W