日本ルフト株式会社

科学機器部

  • photo

流動電位方式 ゼータ電位計

logoZeta CAD

大粒子(50μm以上)、繊維、板、毛髪、フィルター等のゼータ電位を流動電位方式で測定します。これら材料の表面電荷、表面修飾の評価をすることができます。圧力差―電位グラフ(生データ)を確認しながら測定するため、データの妥当性を確認でき信頼性が高い測定が可能です。

特徴

大粒子(50μm以上)、繊維、板状、毛髪、フィルターのゼータ電位測定

測定部の完全絶縁による高精度測定

圧力―電位グラフ(生データ)を確認しながら測定のため信頼性が高い測定が可能

充填層の電気抵抗測定

ユーザーフレンドリーなソフトエア、ワンクリックでエクセルへデータ出力

低価格

80℃温調タイプあり ZetaCAD HT

オプション:pH、流動電流測定

測定原理

photo 試料を充填したフィルター(2)付き円筒セル(1)の両端に電極(3、Ag/AgCl)を置き、圧縮空気または不活性ガスを用いて一定圧力差(P)で電解質溶液を押し流すと電極間に流動電位(E)が発生します。以下のHelmholtz-Smoluchowskiの式から、ゼータ電位ζ(mV)が得られます。
ζ=E/P×(ηλ)/εε0
流動電位E:mV、溶液の粘度η:Pa.s、差圧P:mBar、溶液の誘電率ε:無単位、溶液の導電率λ:S/cm、真空中の誘電率ε0:8.854E-12F/m

アプリケーション

・大粒子、土、繊維、毛髪、板状、フィルター等のゼータ電位測定、等電点測定
・表面修飾、分散剤の最適化、界面化学の研究
・粒子、板の表面修飾評価
・汚れと洗浄の研究
・浮遊選鉱における資源回収条件の最適化

> ソフトウエア

photoユーザーフレンドリーなソフトウエア 圧力-流動電位グラフや導電率が

> 測定例

photo樹脂粒子、メンブランの測定例です。pHでZPの絶対値が変わっています。pH変化に対するZPの変化は材質で異なることが確認できました。
その他測定例は以下よりダウンロード可能です。 →流動電位測定のための試料調製法
→測定条件、測定時間について
→測定条件、プラグ長に影響について
→クォーツサンド粒子のカチオン吸着の測定
→合成ポリマー粒子のゼータ電位測定

仕様

測定原理 流動電位法
設定差圧 0~500mbar (~1000mBarオプション)
電圧精度 0.1μV
測定時間 約10~20分
寸法重量 500×600×600 mm, 40 kg
電源 110 V 4A, 240 2A, 50/60 Hz
圧力源 空気または不活性ガス(max.3bar)
測定セル 円筒ガラスセル(ID15×55~150mm長)
平板試料用セル
メンブレン用セル
メンブレン表面用セル