日本ルフト株式会社

科学機器部

  • photo

動的液体浸透性測定装置

logoPDA.C 02

紙製品や薄膜、フィルムの製造や塗工、印刷や接着などの転写プロセスは、紙などの基材と液体の相互作用に基づいており、本質的に相当複雑な動的プロセスです。液体浸透性の従来の試験法の多くは、平均値しか得られずまた測定に長時間かかります。PDA.C02は液体が試料へ濡れる瞬間からの濡れ、浸透を評価できます。

特徴

測定セル内の試験液の中へ試験紙を浸漬し、その瞬間から厚さ方向へ低エネルギーの超音波信号が発射されます。受信機側の超音波強度の時間変化を測定することで液体と試料が接触する瞬間からの濡れ、浸透を評価できます。

液体と試料が接触する瞬間からの濡れ、浸透を評価 最小8mS~

樹脂吸収速度、表面サイズ度、表面の多孔性、印刷適性、接着特性、内部サイズ度やぬれ性評価

オプションでモジュールを交換することで、多彩な試料、測定モードが評価可能 詳細は各ページをご覧ください。
Standard 標準測定モジュール:低~中粘度液体用 *廉価版EST.12もご用意
HVL 高粘度測定モジュール:高粘度液体用
Standard coating 塗工液測定モジュール:高衝撃、高せん断の塗工工程をシミューレーションした測定

装置概要

紙製品や薄膜、フィルムの製造や塗工、印刷や接着などの転写プロセスは、紙、板紙などの基材と液体の相互作用に基づいており、本質的に相当複雑な動的プロセスです。その際の品質管理、使用される基材や液体の物性やそれらの相互作用の研究に用いられる主要な測定法は転写プロセスそのものであり、塗工液、接着剤、インクや水、オイルなどの実際のプロセス液を用いて、実験室においてそれらの相互作用から、サイズ度や表面構造などの紙の物性およびその相互作用が解析されます。

従来の試験法の多くは、平均値しか得られずまた測定に長時間かかります。例えば、CobbテストやHSTで得られる結果は試料の表面から内部に及ぶ平均サイズ度であり、実際のプロセスの動特性を評価できません。また、SD WarrenテストやEklund水歩留り試験法(GRADEK)は塗工液の脱水率を測定できますが実際の塗工液アプリケーション条件をシュミレーションできません。また、接触角測定法はある特定の目的に限られています。従来の測定法の欠点を克服した装置が「動的液体浸透性測定装置 PDA.C 02」です。

原理

photo測定セル内の試験液の中へ試験紙を浸漬し、その瞬間から厚さ方向へ低エネルギーの超音波信号が発射されます。紙を透過した信号が高感度センサーで受信され、パソコンへ転送されます。受信機に超音波強度の時間変化をグラフ化します。
紙による超音波の透過性は、紙が液体を吸収すると変化します。例えば濡れにより、紙と液体の界面での超音波の反射の減少によって、受信信号が増加します。
超音波透過強度の経時カーブから、樹脂吸収速度、表面サイズ度、表面の多孔性、印刷適性、接着特性、内部サイズ度やぬれ性のような紙の重要な特性が評価できます。加えて、種々の試験液の物性、および含浸樹脂と化粧紙の相互作用のような液体と紙の相互作用を接触直後から評価できます。

アプリケーション

・ 紙製品、薄膜、フィルム等の樹脂吸収速度、表面サイズ度、表面の多孔性、印刷適性、接着特性、内部サイズ度やぬれ性評価
・ Cobbテスト、HST、接触角測定等で相関、差が得られない方へ。
各モジュールの装置をご参照ください。

仕様

各モジュールの装置を参照ください。