日本ルフト株式会社

科学機器部

  • photo

臨界気流コントローラー

logoTPK2000

臨界気流コントローラー Model TPKは国際的な標準器になっていますが、臨界気流コントローラー Model TPK 2000は、USP、EPに記載されている臨界仕様を維持しつつ、更なる機能を提供するために設計され、以下のような特徴があります
● 圧力損失(P1)測定用差圧計
● 流量調節用バルブ
● フロー持続時間調節用タイマーコントロールソレノイドバルブ
● 音速気流(P2、P3)測定用絶対圧力計
● タッチキーパッド、4行LCメニュ駆動ディスプレイ
● 環境条件の測定、大気圧、温度、湿度(FDA推奨)
● 流量計 Model DFM 2000とのRS232接続、試験セットアップ時の流量を記録
● 臨界(音速)気流確認用P3/P2比の自動計算
● ユーザーによる校正機能(校正キットオプション)
● 試験時のアクチュエーション回数の設定と計数
● アクチュエーションボタン点灯によるアクチュエーション指示
● インパクターリークテスト、「総圧力損失」の測定機能
● 校正値、試験条件値のプリンターへの印刷
● 外部TTLトリガー入力によるアクチュエーション機能