日本ルフト株式会社

科学機器部

  • photo
  • photo

logo次世代インパクター(NGI)

既存のカスケードインパクターで得られる粒度分布の精度及び試験に要する時間は、吸入剤の試験における最大関心事でした。そのため、1997年に吸入剤の開発・製造を行う著名な製薬メーカーが、吸入製剤用の標準インパクターの開発に向けてコンソーシアムを設立しました。
次世代インパクター(NGI)は、その努力の結実であり、2000年に発表され、2005年USP(Apparatus 5&6)およびEP(Apparatus E)に組み込まれました。
● 製薬会社のための製薬会社による最新の設計
● 7段分級ステージ(5段ステージはいつも0.54~6.12 μmの分級)
● 試験流量15~100 L/分
● ステージ間ロスが低く、簡単な薬剤回収
● 全ステージ高分級効率:500 < Re < 3000
● 半自動、全自動化しやすい三つのパートから構成
● 設計、校正結果の公式な文書化や文献の発表