日本ルフト株式会社

科学機器部

  • photo

高容量ポンプ

logoHCP5

高容量ポンプModel HCP5は、高性能、低メンテナンス、オイルフリーの回転翼真空ポンプ技術を用いた最新真空装置です。研究室環境の中で操作できるように特別設計され、吸入器試験システムと共に使用するのにふさわしい多くの特徴を持っています。

1セットの真空インレットは「調節可能」および「調節不可能」インレットから構成され、調節可能インレットは、流量調節バルブに介してポンプに接続され、MDI、ネブライザー、点鼻スプレーの試験用に0~250L/分(50Hzの周波数)の範囲で流量を調節して使用できます。調節不可能インレットは、流量調節バルブを介さないでポンプに接続され、臨界気流コントローラーを使用したときにDPIの試験用に最大416L/分(50Hzの周波数)の流量が得られます。

これらの流量は、たいていの吸入器を試験するのに必要な条件を満たしています。しかし、試験装置から生じる気流抵抗によって、ポンプに大きな負担が生じます。その結果試験時には、無負荷時に得られる流量の80%まで、その流量が低下してしまいます。ある低気流抵抗DPIとカスケードインパクターを一緒に使用するのに100L/minの臨界(音速の)気流が必要な場合によく遭遇します。 そのような場合、主ポンプに第二のHCP5を接続できます。

2台のHCP5を並列に使用すると、調節不可能インレットで最大833L/minの流量が得られます(50Hzの周波数)。高容量ポンプModel HCP5は、230V 50 Hzまたは、110V 60 Hzの電源で、寸法320 (W) x 56 (D) x 390 (H) mm、重量45 kgです。