日本ルフト株式会社

科学機器部

ホーム科学機器部リチウムイオン電池用電気化学試験機器PAT-Tester-i-16(PATシリーズ試験セル用16ch完全統合型バッテリーテスター)
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

logoPAT-Tester-i-16(PATシリーズ試験セル用16ch完全統合型バッテリーテスター)

PAT-Tester-i-16は、16チャンネルバッテリーテスター、PATドッキングステーション、温度制御試験チャンバーの全ての機能を1つの計測器に統合しています。試験セルとポテンショスタットとの間の世界的な特許取得済みの配線不要の接続により、ラボ内のスペースが節約され、配線作業が不要になります。単に、PAT-Testerを主電源に接続するだけで、ネットワーク上の任意のホストPCから完全なリモートアクセスが可能です!

内部インピーダンスアナライザは、両方のハーフセルインピーダンスを同時に記録することができます。直感的で使いやすく強力な実験条件設定ソフトウエアは、バッテリーリサーチの初心者がCCCVサイクリング、ボルタンメトリー、インピーダンス測定などの一般的な試験を全て設定できるようになっています。強力なスクリプト言語により、経験豊かな科学者はほとんどの種類の電池試験を設定できます。全ての試験チャネルには、ケーブルを再接続することなく、ハーフセル測定とフルセル測定の間でソフトウエア制御の切り替えを行うスイッチマトリクスがあります。最も高度なグラフ作成機能により、実行中の実験データをデータベースに保存された全ての実験データと比較できます。

特徴

ハードウェア

・16個のPATシリーズ試験セル用に独立したチャネル
・ポテンショスタット、ガルバノスタット、インピーダンスアナライザを備えた各チャンネル
電流:最大100 mA、4レンジ+オートレンジ
電圧:±7 V制御範囲
インピーダンス:10 μHz~10 kHz
・データ収集機能
24 bit ADC
サンプリング間隔:1 ms(情報処理機能を持つデータ削減付)
両極のハーフセル電圧の同時記録
センサー信号の同時記録(温度、圧力等)
・制御モード間のソフトウエア制御の切換:フルセル、正極ハーフセル、負極ハーフセル
・統合ペルチェ方式温度制御:+5~+80℃
・ポストPCから独立した操作のためのソリッドステートハードディスクを備えた内蔵サーバ

ソフトウェア

・CCCVサイクル試験、ボルタンメトリー、インピーダンス試験などの一般的な試験を設定する直感的で強力な実験条件設定機能
・ほぼ全ての実験をカスタマイズするための強力で柔軟なスクリプト言語
・実験の順序付けのためのバッチモード
・データの表示および比較のための最も高度なグラフ作成機能
一回の実験とグループレポート
マルチパネルグラフ
内蔵およびカスタムグラフテンプレート

データ管理

・データベースとLAN接続を備えたマルチユーザーハードウェアとソフトウエア
・ネットワーク上の任意のホストPCからの完全なリモートアクセス

仕様

寸法 約380×640 (幅×奥行) mm
高さ 約375 mm
重量 32 Kg(試験セル無)