日本ルフト株式会社

科学機器部

  • photo
  • photo

logoPAT-Core

PAT-Coreは、試験中の電極を保持し、正確に整列させるためにPATシリーズ試験セルにおける 不可欠な部品です。PAT-Coreの明確なジオメトリにより、Liイオンなどの電池材料やスーパーキャパ シターの高品質の2電極および3電極試験が可能になります。
PAT-Coreは3つの部品で構成されています。第一の部品は、セパレーターとリング状の参照電極を 内蔵したポリプロピレン製のカスタマイズ可能な絶縁スリーブです。ナトリウムまたはマグネシウムのような 異なる基準物質およびガラス繊維または微孔性ポリオレフィンのような種々のセパレーター物質が利用 可能です。
使い捨てのコンセプトは、ラボでのリードタイムを短縮し、相互汚染のリスクを最小限に抑えます。絶縁 スリーブはEL-CELL®工場の保護雰囲気下で事前に組み立てられ、再現性のあるバッテリー試験の 品質を一定に保ちます。
上部と下部のプランジャーはPAT-Coreを完成させます。プランジャーは、集電体として機能するアル ミニウム、銅またはステンレス鋼で作られています。これにより、バッテリー研究者はバッテリーグレードの 材料のみで作業することができます。アルミニウムと銅のプランジャーは使い捨ての部品ですが、ステン レス製のプランジャーは再使用できます。

特徴

セパレーターエッジに配置されたリング状参照電極を備えたセルスタックの高精度18 mmサンドイッチジオメトリ

全て市販電池グレードの素材を使用:Al、Cu、ポリプロピレン

再使用可能なステンレス鋼(316L)集電体(オプション)

3電極による長期(≧1000時間)ハーフセル測定

使い捨てのコンセプトによる相互汚染や腐食のリスクを最小限に低減

セル構成部品の洗浄不要