日本ルフト株式会社

科学機器部

  • photo

logoECD-3-nano

ECD-3-nanoは、ナノメートルの範囲の分解能を備えた新開発の電気化学膨張計です。センサーを除いて、ECD-3と完全な互換性があります。新製品のECD-3-nanoは、平行プレート式電気容量センサーを使用しており、5 nm以下(ECD-3の分解能は50 nm)の非常に高い分解能が得られます。そのため、電気化学膨張計測の新しい分野の応用を開きます。例えば、リチウムイオン電池のSEI形成のような2次元の電極プロセスや金属表面上への不動態層の電気化学的成長は、将来の膨張計測研究の対象となる可能性があります。
ECD-3と同様に、ECD-3-nanoはアナログ信号出力を備えており、市販の電気化学ワークステーションやバッテリーテスターのソフトウエアに連続的に保存できます。

特徴

5nmの分解能を備えたフルレンジ250μmの電気容量センサー

多くの異なる電極タイプの選択:結着フィルム(直径10 mm以内、厚さ1 mm以内)、バインダーを含まない粉末あるいは単結晶

製造材質の適切な選択による水系および非プロトン性での測定可能

長期実験のための高さ測定信号の低ドリフト

組立て、取扱が容易で、頑丈な構造

試料電極への荷重(約1 N)

広い温度範囲: -20~+70℃(温度調節チャンバー必要)

仕様

変位センサー 電気容量センサー
測定範囲 250 μm
分解能 5 nm
試料 結着電極、単結晶・結晶粒(オプション必要)
直径:< 10 mm、厚さ< 1 mm
試料への荷重 約1.0 N
化学的適合性 非プロトン性有機電解質(水性電解質はオプション必要)
セル電解液容量 約0.5 ml
操作温度範囲 -20~70℃
寸法(高x幅x奥行) 230×100×110 mm