日本ルフト株式会社

科学機器部

  • photo

logoECC-Opto-Std(光学観測用)

ECC-Opto-Stdは、電気化学的充電過程における電極材料の光学的特性をモニターするための試験セルです。それは、反射モードを用いる光学顕微鏡またはラマン分光法などの光学的方法による電極の検査に専用されています。基本的に、それぞれの装置は、作用電極の裏側に配置された透明なウインドウを通して観測します。
ECC-Opto-Stdは、オプションの特別キット(XRDなど)を用いて、使用されるそれぞれのバッテリーシステムおよび光学機器へ容易に取付けできます。
標準として、ECC-Opto-Stdにはホウケイ酸ガラスウインドウが装備されています。試験の目的に応じて、オプションのさまざまなウインドウキットを利用できます。

特徴

非プロトン性電気化学のための光学観測ウインドウを備えた3電極セル

光学顕微鏡のための完全な装備

ラマン顕微鏡およびXRD用の特別キット

溶媒との接触材料は、ステンレス鋼316L、PEEK(ご要望に応じて、その他の材質有)

電極に対する機械的圧力は調節可能で、再現性があり均一です

PE製ワッシャーとEPDM製Oリングによる信頼性の高い低リークシール

組立時の容易で信頼できる電解液の充填

組立および分解、そしてセル部品の容易な洗浄

事後の分析のための電極の容易な取り出し

アプリケーション

photoこの実験では、ECC-Opto-Std試験セルを用いて、電気化学的リチウム化中の黒鉛電極の色変化を可視化しました。顕微鏡は、黒鉛電極の裏側に配置された銅箔の直径1mmの穴を通して観測しました。

仕様

寸法 46×88×63 (高×幅×奥行) mm
電極の直径 10 mm
重量 約210 g