日本ルフト株式会社

科学機器部

  • photo

logoECC-DEMS(in-situガス分析用)

この試験セルは、非プロトン性のリチウム・空気システムおよび従来のLiイオンシステムにおけるin-situガス分析専用です。このセルは、不活性ガスの穏やかな流れで常にパージされる螺旋状の流れ場を有する集電体を特徴とします。流れ場は、セルベースの底部に配置されています。流出ガスの組成は、例えば、質量分析装置で分析されます。ECC-DEMSセルは、定量的な時間分解分析に不可欠なパージガスのほぼ完全なプラグフローを提供します。

特徴

非プロトン性の電解質をベースとしたリチウム・空気システムやリチウムイオンシステムの充電・放電において発生するガスの時間分解分析を行うことができます

作用電極で発生または消費されるガスは、作用電極の下のらせん状の流れ場に沿って流れるガス流の組成変化を通じて分析されます

セルの頭隙とらせん状の流れ場の間の圧力勾配は、後方での混合を効果的に防いでおり、最善の時間分解を確保しています

2極、3極で操作できます

直径18 mm、同心性<0.1 mmの高精度サンドイッチ構造

PE製ワッシャーを備えた信頼できる低リークシール

操作温度範囲:-20~+70℃

組立中における容易で信頼できる電解液の充填

溶媒との接触材料は、ステンレス鋼316LとPEEKです

組立および分解、そしてセル部品の容易な洗浄

仕様

寸法 90×54×70 (高×幅×奥行) mm
電極の直径 18 mm
電解液量 最少 0.2 ml
重量 約650 g